肥満症について

肥満症について

肥満症とは、医学的に減量を必要する肥満のことをいいます。
大きく分けて2つの原因があります。

 

1,BMIが25以上で、健康に障害がある合併症がある

肥満症と診断される11種の合併症

耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能以上など)
脂質異常症
高血圧
高尿酸血症・痛風
冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)
脳梗塞(脳血栓症・一過性脳虚血発作)
脂肪肝(非アルコール性脂肪性脳疾患)
月経異常、妊娠合併症(妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病・難産)
睡眠時無呼吸症候群・肥満低換気症候群
10 整形外科的疾患(変形症関節症・変形症脊髄症・腰痛症)
11 肥満関連腎臓病

 

2,BMI25以上で、検査によって内臓脂肪型肥満と診断されたもの

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。
皮下脂肪は、身体の表面に近いところについている脂肪で、
内臓脂肪は、内臓の周辺などの身体の深いところについている脂肪です。

 

 

どちらに多く脂肪がついてるかによって診断結果が変わってきます。
    ・皮下脂肪が多いタイプ→「皮下脂肪(蓄積)型肥満」
    ・内臓脂肪が多いタイプ→「内臓脂肪(蓄積)型肥満」

 

 

内臓脂肪型肥満(肥満症)かどうかは、下記の表の方法で診断されます。

  診断方法 判定
ウエストによる診断 立って息を吐いたときのへその周囲のサイズを測る。 BMI25以上で男性は85cm以上、女性は90cm以上で内臓脂肪型肥満の疑い。
CTスキャンによる診断 ウエスト診断によって内臓脂肪型肥満の疑いがあった人に対して、へその周辺の断面像を撮影し、内臓脂肪面積を測る。 男女ともに、内臓面積100cu以上で内臓脂肪型肥満と診断。

 

これまでの多くの研究によって、内臓脂肪型肥満のほうが病気になりやすいです。
ちなみに、時代が進むにつれ増えている“メタボリックシンドローム”ですが、
この内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち
2つ以上が重なった状態の重い生活習慣病です。
ですから、内臓脂肪型肥満と診断されたらすぐに治療を始める必要があります。

肥満症の原因

肥満症と聞くと食べ過ぎが原因と思い浮かべる人が多いでしょうが、
実際はかなりの人は食べ過ぎが原因ではないことが分かってきています。

 

 

もっとも大きな原因となるのが、食べる量よりも食べ方です。
食事回数が少ないほど太りやすいのです。

 

 

例えば、朝食を抜いて夜に多く食べてしまうなど、
食事の量が一食に偏ってしまうと、食べた栄養が吸収されやすくなります。
そのせいで、過剰にエネルギーを吸収してしまい、肥満につながりやすいのです。

 

 

食事の回数が減ることで、食事誘発性熱産生が減ることも原因と考えられています。
食事誘発性熱産生とは、食事をした後、安静にしていても代謝量が増大することです。

 

 

一般的に“早食い”もよくないと言われていますが、
これは満腹感を感じにくく必要以上に食べてしまうからです。

肥満症の治療

肥満症になってしまった場合、食事、運動、行動療法をメインに治療していきます。
薬物療法もあるのですが、適切な体型や体重を維持していくことが大切になるので、
薬を飲む場合でも、メインの療法において身体の改善をしていきます。

 

食事療法

一日の摂取エネルギーを1,000〜1,800kcalにとどめます。
これに基づいて栄養バランスのよいメニューを考え、
動物性脂肪や油脂、糖分を摂り過ぎないようにします。
状態によってはもっと厳しく一日に1,000〜1,400kcalに減食します。

 

 

摂取するエネルギーが少ないと、体は基礎代謝量を減らして、
少ないエネルギーで生きていけるように順応してしまいます。
空腹を我慢してダイエットしても全然痩せないのはこのためです。

 

 

この空腹を我慢しているダイエットで一時的に痩せたとしても
ストレスによってすぐにリバウンドしてしまうことが多いのです。
急激なダイエットは、肌や髪が荒れる原因にもなってしまいます。

 

 

※基礎代謝量とは
呼吸や体温調節など人間の生命活動を維持するのに使われるエネルギー

 

運動療法

肥満の程度によって、最初は負担の少ないウォーキングなどから始めます。
最初から負担の多い運動をしてしまうと、膝などの関節を痛めたり、
肺や心臓などに負荷を与えてしまうかもしれません。
徐々に、ジョギング、水中歩行、サイクリングなどを取り入れていきましょう。

 

 

慣れてくると筋肉トレーニングを行うのも有効です。
筋肉量を増やすことで消費エネルギー量をアップできるからです。
加齢により筋肉量が減っていくと基礎代謝が下がり、
生命維持のための最低限のエネルギーが消費されにくくなります。

 

 

高齢になってからでも筋肉量を上げることは出来るので、
無理をせずに取り組んでいくのがいいでしょう。

 

 

また、準備運動(ウォーミングアップ)と整理運動(クールダウン)も大切です。
ストレッチで、筋や関節をほぐしたり伸ばしたりするのが効果的です。
怪我の予防と疲労を残さないためにも必ず行ってください。

 

行動療法

日常生活のなかのどんな行動「くせ」が肥満と結びついているのかを明らかにし、
感覚レベルでの認知の「ずれ」を修復していくのが行動療法です。

 

肥満症に見られる食行動の「くせ」

大食い、早食い、間食、夜食などがあります。
特に太っている人に多い特徴的な食べ方は、
ストレス解消の食事、残飯処理、付き合いの食事、衝動食いがあります。

 

肥満症に見られる実際の食行動と意識との「ずれ」

「食べていないのに太る」と話す人がいます。
その人に1日のうちで食べたものをすべて書き出してもらいます。
すると、思った以上に食べていることがあります。

 

 

このように、本人が感じていることと、
実際の食行動との間にあるのを「ずれ」といいます。

 

「ずれ」と「くせ」の食行動の修正方法

グラフ化体重日記という方法を使っていきます。
この方法は食行動の「ずれ」と「くせ」の修正に最も有用とされています。

 

 

※グラフ化体重日記とは
体重測定を起床、朝食、夕食直後、就寝直前の
1 日4 回行い、その体重変動をグラフ化したものです。

 

 

食行動やライフスタイルの問題点が体重のグラフ波形で確認でき、
治療経過における変化も同時に確認できます。
そこから、問題点の抽出・修正、結果として体重が減少していきます。
その結果が、より食行動の修正の強化につながります。

 

 

この結果を自己管理で得られるのが行動療法で、
この繰り返しによって、長期的に維持することが可能です。

 

薬物療法

食事、運動、行動療法による肥満の解消が困難な場合に用いられます。
時代が進むにつれ、積極的に利用されるようになったとはいえ、
やはり食事、運動、行動療法を中心としながら、
それを補助する目的で使用されるのが望ましいのが現状です。

 

 

というのも、使用者が薬物療法のみに依存してしまう可能性があるからです。
その場合、服用を中止すると体重が急速に戻りやすくなってしまいます。
そのうえ、薬物療法だけでは10%以上の体重減少は難しいと言われています。

 

 

だからといって一生服用するわけにもいきません。
薬なのでどうしても副作用があるからです。
ですから、使用したい場合は、医師としっかりと相談することが大切です。

 

薬物療法で使用される薬の種類

ダイエットに使われる薬は、「抗肥満薬」といいます。
主に使用されている薬を紹介します。

 

薬の種類 薬の効果 薬の名前 副作用
食欲抑制剤

食欲を抑制するように、脳の神経伝達に働きかけることによって、食欲が減っていきます。
食事の量が減ることで、体重を減少させます。

マジンドール、フェンテルミン、ジエチルプロピオン、フェンジメトラジンシブトラミン、ベンズフェタミンなど 不眠、不安感、動悸、高血圧、心臓うっ血、頭痛、渇口、脳内出血、肝臓障害など
消化吸収阻害剤

腸の中で食べてしまった脂肪の吸収を抑えます。
脂っこいものを食べても脂肪分の少ない食事をしたようにします。

オーリスタット、アカルボース、ボグリボースなど ガスによる胃腸の膨満感、放屁、急な・頻繁な便意、油分・脂肪分を含んだ排便など

 

外科的治療法

内科的治療法が無効であったり、再発を繰り返すような
重症肥満の場合に外科的治療が行われます。

 

 

外科的治療の手術術式はさまざまなものがあります。
世界的には胃バイパス術が一般的な手術術式です。
しかし、時代が進むにつれ、シンプルな術式である、
袖状胃切除術( スリーブ状胃切除術)が世界的に注目され、
その施行件数も増え続けているようです。

 

 

その理由として、胃バイパス術ほどではありませんが、
減量効果があり、軽度であれば一部の肥満に起因する
合併症を改善する効果も認められているからです。

 

 

また、日本では世界的に見て胃癌の罹患率が高く、
胃バイパス術を行うと術後、胃の検査が難しくなるので、
胃バイパス術を施行しにくいという背景があります。

 

 

※罹患率とは
観察対象の集団の観察期間に、新たに癌と診断された人が
どれだけいるかというのを表した値。

 

 

外科的治療法には2つの利点があります。
    1,十分な体重減少が得られるため、さまざまな合併症の治療にも有効である。
    2,重症肥満の治療において、最大の困難である体重の再増加の起きる確率が、他の治療法に比べて少ない。

 

 

このように、肥満に対して様々な治療法があります。
というのも、肥満は世界的な“流行病”といえるからです。
その人数は増え続け、近い将来、成人人口の半数以上が
肥満になる可能性があると言われています。

 

 

日本においても、BMI25以上の割合の人は、
男性が3割、女性が2割とされています。

 

 

そのためにこれだけ多くの治療法ができているわけですが、
やはり日々の生活習慣を改善するのが一番です。
栄養バランスのとれた食事に適度な運動。
それさえしっかりしていれば肥満症になることのないでしょう。

 

 

まずは、肥満症にならないためにどうするかを考え、
日々の生活の中で悪い部分を改善していきましょう。

 

 

>>次ページ「セルライトとは」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る