脱毛した後の重要なケア方法

脱毛処理後のケア方法

脱毛をするという行為事態が
毛穴や肌にダメージを与えてしまいます。
そのため、脱毛後の肌はとてもデリケートな状態です。
ですから、脱毛後のケアはかなり重要になります。

 

それを何もせずに放置していると、
肌荒れや、ひどい場合は埋もれ毛になってしまいます。
埋もれ毛は、肌の内部に毛が入ってしまい
出てこれない状態で、黒ずんだように見えます。

 

 

それではどういったケアをしていけばいいのでしょうか?
その方法についてこれからお話ししていきます。

脱毛処理後のケアの仕方について

体温が上昇するようなことは避ける

入浴したり、プールに行ったり、激しい運動は避けること。
あと、アルコール摂取なども避けてください。
これは、体温が上昇することで血流がよくなり、
お肌の赤味が強く出たり、痒みが出る原因となるからです。
ですから、こういった行為は赤みが引いてからにしましょう。

 

日焼けの防止をおこなう

日焼けはヤケドと同じなので、肌にダメージを与えてしまいます。
脱毛後で刺激に弱くなっている肌に、日焼けをしてしまうと、
シミやそばかすが増えてしまう原因になってしまいます。
ですから脱毛後の日焼けはNGです。

 

 

出かける際は、日焼け止めクリームは持って、
常に日焼けを対策することを意識しましょう。

 

毛が抜け落ちるまでの期間のケア

よく脱毛後の毛を抜いてはいけないと言う話がありますよね?
実際に脱毛を体験したあとに、エステティシャンの方に
「毛を抜かないでください。」と言われたことがあります。
では、本当のところはどうなんでしょうか?

 

 

本当は脱毛後の毛を抜いても大丈夫です。
というのも、脱毛してもう抜けようとしている毛に関しては、
遅かれ早かれ抜けるので自分で抜いても問題ありません。

 

 

それではエステティシャンの言っている抜いてはダメとは?
それは根のある毛のことを言っていたんです。
この毛を抜いてしまうと脱毛時に反応しなくなるからです。
せっかく脱毛できていた毛なのに次の周期までできなくなります。

 

 

これがエステティシャンが「毛を抜いたらいけない」という意味です。
きっとそう言わなければ抜いてしまう人がいるんでしょう。

 

シャワーは当日から入ることが可能

脱毛後は、お肌が敏感な状態になっています。
ですので、照射部位を強くこすらないようにしないといけません。
変わりに手やタオルで優しく洗い流すようにしてください。
また、体温を上げないためにぬるま湯を使用するようにしましょう。

 

 

そうすることで、脱毛後でも肌に負担がかかりことなく、
お肌を清潔に保つことができます。

 

十分な保湿をすることが大切

レーザー、光脱毛ではお肌に熱を与えることで、
乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥していると皮膚表面が堅くなり、
毛が自然と抜け落ちなくなる恐れがあります。
また、埋れ毛の原因にもなってしまいます。

 

 

お肌に必要な水分や油分を補うことによって、
上記のようなトラブルを防ぐことができます。

 

 

脱毛処理後のケア方法まとめ

    ・体温が上がるようなことはしない。
    ・日焼けの防止をしっかりおこなう。
    ・根のある毛は抜いてはいけない。
    ・お風呂に浸かるときはぬるま湯で。
    ・しっかりと保湿すること。

 

 

脱毛後はこれらのケアをしっかりとおこなうことで、
肌を傷めることなく、いい状態を保てることでしょう。

 

 

※保湿の仕方が分からない人も多いと思います。
正しい保湿の仕方は次ページを参考にしてください。

 

 

>>次ページ「脱毛処理後の正しい保湿の仕方」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る