ニキビの原因について

ニキビの原因について

なぜニキビはできてしまうんでしょうか?
ニキビが出来てしまう原因は実に様々です。

 

 

体質によってなりやすい人だったり、
生活習慣、ストレスなどが原因だったりもします。

 

 

ここでは、その一般的に多く知られる原因
について一つずつ見ていきましょう。

古い角質と皮脂

代謝が悪くなるとターンオーバーが遅くなり、
古い角質で毛穴が詰まってしまいます。
皮脂の過剰分泌により、更に毛穴が詰まります。
詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖することでニキビができます。

肌が乾燥することによって

肌が乾燥すると、角質層が厚くなる角化異常が起こります。
角化異常が起こると、古い角質が肌から剥がれ落ちにくくなり、
毛穴の中にたまりやすくなってしまいます。
この毛穴の中にたまった古い角質が分泌された皮脂と混ざり合い、
角栓を作って毛穴をつまらせてしまいます。

 

 

また、肌が乾燥することで、肌のバリア機能が低下します。
バリア機能が低下すると、肌はそれを補おうとして、
皮脂を過剰に分泌するので、毛穴をつまらせ、
ニキビができる原因となります。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

過剰なストレスを受け続けると、ホルモンバランスが乱れます。
脳は緊張状態となりストレスに対抗するためホルモンを出します。

 

 

ホルモンが増えると、それを分解しようとする力によって
皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が増加します。
また、ホルモンは角質を厚くさせる働きもあり、
毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

食生活の乱れ

栄養の偏った食事はターンオーバーの乱れや
皮脂分泌の増加、内臓機能の低下などを引き起こし、
ニキビができる原因となります。

 

 

脂質には“飽和脂肪酸”というものがあります。
この飽和脂肪酸は動物性脂肪に含まれていて、
ホルモンの分泌を高める機能があるので、
摂り過ぎに注意する必要があります。

 

 

糖質や脂肪の分解・合成にはビタミンB2が必要です。
ビタミンB2が不足すると皮脂の分解がされにくくなります。
また炭水化物は消化すると糖分に分解されます。
このため、これらの栄養素にも注意が必要です。

睡眠不足によって

睡眠中は新しい肌細胞を作るため、
成長ホルモンの分泌が活性化しています。
これは、昼間などに肌が受けた様々なダメージを
回復しようとしてくれるためです。

 

 

特に22時〜2時はゴールデンタイムと言われ、
分泌が高まりホルモンバランスが整えられる時間帯なので、
できるだけこの時間帯に睡眠を取るように心がけましょう。

 

 

ニキビがいつまでも改善されずに放っておいたり、
誤ったケアをしてしまうと、その症状は悪化します。
そのまま悪化を進行させるとニキビ跡になり、
生涯傷跡として残ってしまう可能性も高くなります。

 

 

ですから、初期のうちに正しくケアをすることが大切です。
そうすれば、ほとんどきれいに治すことができます。
ニキビが出来てしまったら自己流でケアをするのではなく、
正しいケアを早めに行うことで症状は改善されていきます。

 

 

>>次ページ「ニキビの予防」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る