ターンオーバーを正常に保つ方法とは

ターンオーバーを正常に保つ方法

ターンオーバーを正常に保つポイントとして
当たり前のことですが、睡眠時間や規則正しい生活、
バランスの取れた食生活やストレスを溜めない生活が必要です。
それに加えて、いくつか心がけることでかなり変わってきます。

 

 

ターンオーバーが一番活発になる時間は22〜2時です。
“4時間が睡眠のゴールデンタイム”と言われるのはこの為です。

 

 

この時間帯に、食事や運動などにエネルギーを使っていたり、
化粧をしたままで肌に負担をかけていたり、
喫煙や飲酒をしているとターンオーバーを妨げます。
そのため、正常なターンオーバーができません。
結果として、素肌の老化を早めてしまいます。

 

 

ですから、この時間帯に合わせて睡眠をとるという生活リズムに変え、
角質層に必要な水分をしっかりと補給していくことが、
ターンオーバーを正常にし、素肌にとても良い効果を与えることになります。

紫外線はターンオーバーの周期を早めてしまう

紫外線が体に悪影響を与えるのは知っているかと思いますが、
表皮が紫外線に傷つけられると細胞が早くそれを治そうとして
ターンオーバーが早くなってしまいます。

 

 

こうなると、ターンオーバーから正常な細胞は生まれません。
本来なら垢(アカ)となるはずのメラニンが表皮に残ってしまい、
紫外線に当たるとシミやソバカスなどができてしまいます。

 

 

紫外線がもっとも強くなる時間帯は10〜15時で、
季節は春先から夏にかけてです。
一番強いのは6月下旬ごろになります。

 

 

この紫外線から素肌を守る方法として、
一般的な物がUVカットの化粧品です。
ですが、このUVカット化粧品に含まれる成分は、
かなり肌に負担をかけてしまいます。

 

 

正常なターンオーバーを保つために、
肌に負担をかけてしまっては意味がありません。
ですから、紫外線の対策としては、
なるべく10〜15時の間は外に出ないことと、
帽子や日傘などを活用することが良いです。

 

 

ターンオーバーは遅すぎても早すぎても
肌トラブルの原因となってしまいます。
老化現象で遅くなることはもちろん、顔を洗いすぎたり、
角質ケアばかりしていると早まってしまいます。

 

 

ですから、しっかりと正常なターンオーバーを保てるように、
日々の生活習慣の改善や対策が何よりも大事になってきます。

 

 

>>次ページ「ニキビの原因について」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る