ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、
古い角質を除去し、新しい角質へと生まれ変える
“促進効果のあるスキンケア方法”です。
健康な肌の場合、角質は約28日周期で生まれ変わります。
その際、古い角質は自然と剥がれ落ちます。

 

 

ですが、年齢を重ねたり、
様々な原因によって新陳代謝が低下すると、
周期がきても古い角質が剥がれずに残ってしまいます。
その古い角質が毛穴を塞ぎ、ニキビなどの原因になってしまいます。

 

 

ケミカルピーリングは、たんぱく質を融解する
フルーツ酸(AHAなど)を使用して、
古い角質を科学的に除去することで、
”新しい角質への生まれ変わりをサポート”します。

ケミカルピーリングのメリット、デメリット

メリット

透明感のあるスベスベの美肌になれる

ケミカルピーリングで角質を除去する際、
AHA(アルファヒドロキシ酸)という
フルーツから採れる酸を使います。

 

 

このAHAは、角質と結びついて硬い角質をゆるめます。
ゆるんだ角質は簡単に除去することができ、
その下にある新しい角質へと生まれ変わります。
この促進効果が美肌に効果的です。

 

 

目立つ角栓を取り除くのに効果的

角栓は、毛穴の出口で皮脂が変質して固まったものと、
毛穴の中で剥がれた角質が混ざったもの、2つがあります。
角栓をきれいに落とし、クレンジングオイルで皮脂を溶かして、
そのうえでケミカルピーリングをすることが、
角質を除去するのに効果的です。

 

 

健康な肌の状態のサイクルへと戻す

様々な原因によって新陳代謝が低下すると
周期がきても古い角質が剥がれずに残ってしまいます。
ケミカルピーリングをおこなうことで、
その周期を正常な状態へと戻すことができます。

 

 

デメリット

肌に対して負担がかかる

化学薬品を使用して強制的に角質を剥がすので、
どうしても肌に負担がかかってしまいます。
しばらくすれば通常の肌に戻るのですが、
施術後は刺激には十分気をつけないといけません。

 

 

紫外線に要注意

ケミカルピーリング後は、
古い角質を除去するので、肌が薄くなっている状態。
紫外線は肌の中にもすぐに届いてしまうので、
シミになりやすいのです。

 

 

現在、ケミカルピーリングは多くのエステサロンで受けることができる
一般的な施術となっていますが、“施術後のケアが非常に重要”です。
それは上記で書いたように、肌が薄い状態になるからです。

 

 

ですから施術後は、しっかりとしたアフターケアが大切です。
どのエステサロンにおいても適切なアフターケアを行ってくれています。
なので、エステサロンでの指示をしっかりと守ることです。

 

 

それと同時にのホームケアもしっかりと行うことで、
大きなトラブルなどはおこらず、リスクは回避できるでしょう。

 

 

>>次ページ「フォトフェイシャル」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る