美容外科とエステサロンの違いについて

美容外科とエステサロンの違い

美容外科とエステサロンにおいては違いがあります。
特に知っておかなくてはいけないことは、永久脱毛についてです。

 

 

エステサロンにおいて、永久脱毛という言葉は存在しません。
存在しないというより使ってはいけないのです。
これは、昭和59年に厚労省が、永久脱毛は医療行為だということで、
医師以外の人達が行なった場合、医師法違反としたからです。

 

 

このため、エステサロンにおいて、
永久脱毛という言葉は使えません。
医療機関のみが使えるということです。

美容外科とエステサロンの主な効果の違い

言葉を使えるかどうかの話は分かりましたが、
実際の効果としてはどうなんでしょうか?

 

 

まずは下記の表を見てください。

  美容外科 エステサロン
料金

施術自体の金額は高い。
ですが、トータル的な面で見ると、
エステサロンよりも安い。

施術自体は安価。
ですが、通う回数が多くなるので、
最終的には高くなる。

効果

強い出力で行うことが可能。
そのため効果は抜群。
永久脱毛に優れている。

エステサロンは出力の上限が決まっている。
そのため効果は低くなる。
永久脱毛ではなく永久減毛という考え方。

施術回数 約5,6回と少なめ。 約10回と多い。
安全性 厚生労働省から認可された医療機器なので高い。 認可されていない機器なのでやや不安。
トラブル時の対処

医療機関なので、トラブル時の対処が義務付けられていて安心。
専門の医療スタッフにより適切な処理あり。

医療機関ではないのでトラブルの対処ができない。
提携している医療機関へ案内され、迅速な対応はしてもらえない

 

一般的にこういった違いがあります。
注目するところは、医療機関でないだけで
安全性などがかなり不安になるところです。

 

 

医療行為にあたるものを、研修を受けているとはいえ、
知識の乏しいエステティシャンに施術させるということ。
そういったことを考えると当然のことかもしれません。
もちろん、中には医師のように経験や知識をもった
エステティシャンもいるとは思います。

 

 

ここまでの話を聞いていると、エステサロンに
あまり行きたいとは思わないですよね?
ですが、エステサロンに行く人はかなり多いです。

エステサロンに通う人が多い大きな理由

イメージがある

脱毛というと、エステサロンをイメージする人が多いです。
美容外科で脱毛できると知らず、エステサロンでしか
できないと思っている人もいるぐらいです。

 

料金が安い

色んなキャンペーンなどもあり、エステサロンの方が安いです。
特に、安さを売りにしているところはかなり安価です。
ですが、上記の表にあるように、効果なども考えて
トータル的な面で見ると、高くなってしまいがちです。

 

痛みが少ない

現在のエステサロンの脱毛の主流は光脱毛です。
この脱毛方法は、一番痛みが抑えられる方法です。
ですが、電気脱毛だと、エステサロンであっても、
かなりの痛みを伴います。

 

通いやすい

大手のエステサロンでは、全国に展開しています。
そのため、どんな場所からでも通いやすいです。

 

 

こういった理由があり、エステサロンに行く人が多いのです。
色々と比較をしましたが、一番大事なのは、
自分がどれだけ脱毛をしたいのかということです。

 

 

その自分がしたい範囲内で、一番いいのは
美容外科なのか、それともエステサロンなのか。
そういう判断をして通うことがもっとも大切なことですね。

 

 

>>次ページ「脱毛できない部位について」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る