永久脱毛について

永久脱毛について

永久脱毛と聞くと、二度と毛が生えてこないように思えますが、
実はそうではないことをご存じでしたか?

 

 

長い歴史をもつ、米国電気脱毛協会において、
「脱毛終了から一ヶ月後の毛の再生率が20%以下」
と、永久脱毛は定義づけられています。

 

 

つまり永久脱毛とは、完全に毛がなくなる状態ではないということです。
言葉だけで聞くと、なくなるイメージを持つと思いますが、
エステ業界おいては、意味が違うということです。

 

 

そもそも永久脱毛の定義がなされているのは、
電気脱毛に関してだけで、レーザーや光脱毛
に関してではありません。

 

 

これは、電気脱毛がアメリカで開発されたのが
1875年頃で、日本に電気脱毛の機器が輸入されたのが
1972年頃なので、かなり長い歴史があります。
これだけ長い歴史があると、実際に施術した人の効果を見て
永久脱毛に対しての定義づけに偽りはないでしょう。

 

 

ですが、レーザー脱毛や光脱毛は1990年代に広まり、
日本に機器が輸入されたのは、1997年頃です。
その歴史自体がまだ20年程と浅いです。
ですから今の段階で永久性について実証できる
データが取れていないというのが現状です。

 

 

現在の脱毛の主流は、レーザー脱毛に光脱毛です。
これらは、“永久減毛”という考え方があります。
脱毛処理を行った後にまた生えてくる毛の数が減少する。
毛の数が減少した状態が長期間維持されていきます。

 

 

現段階で永久脱毛が可能なものは電気脱毛だけとなります。
ですが、二度と毛が生えてこなくなるわけではありません。
あくまで現状の脱毛方法の中で一番確実性があるということで
理解しておく必要がありそうですね。

 

 

>>次ページ「美容外科とエステサロンの違い」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る