脱毛できない部位について

脱毛できない部位について

脱毛に関しての歴史は長く技術も発達していますが、
やはりそれでも脱毛できない部位はあります。

 

 

それは目の周りになります。
レーザー、光脱毛においては、黒い色素に反応するため、
目の近くでおこなう脱毛は危険になります。

 

 

ニードル脱毛においては、一本一本脱毛していくので、
細かい場所でも対応は可能です。
ですが、非常に痛みが伴い、火傷の恐れもあり、
その危険性があまりにも高いため、
脱毛をおこなっていないところがほとんどです。

脱毛できない状態

肌の状態によっては脱毛できない

日焼けをするとメラニン色素が多くなってしまいます。
レーザーや光脱毛はメラニン色素に反応して脱毛します。
ですから、日焼けの状態だと本来の効果がでません。
それに、火傷のような症状を引き起こしたり、
色素沈着させてしまう可能性もあります。

 

 

この状態で無理に脱毛することは、状態の悪化に繋がり、
最悪の場合、治療が必要になってきます。

 

タトゥーが入った肌にもできない

これも日焼け時の脱毛ができない理由と一緒で、
光がタトゥーにも反応してしまい、強い痛みを伴ったり、
火傷のような症状を引き起こしたり、
タトゥーを消してしまうこともあるからです。

 

 

せっかく入れたタトゥーが消えるだけでなく、
お肌のトラブルを引き起こす可能性が高くなります。
この肌で無理に脱毛することはオススメしません。

 

ニキビや乾燥肌が悪化している場合もできない

こういった場合もトラブルを引き起こす可能性があります。
この場合は治療・改善が先になります。
すでに悪化している状態の肌に無理に脱毛することで、
取り返しのつかない状態になるかもしれません。
しっかりと治療、改善をしてから脱毛するようにしましょう。

 

 

ニードル脱毛においてはこういった影響がでないため、
上記の肌の状態でも脱毛が可能な場合があります。

 

 

脱毛をおこなう前にはカウンセリングがあります。
どんな状態であれ、その時にしっかりと相談することで、
こういったトラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

>>次ページ「脱毛クリームの使用についての注意点」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る