レーザー脱毛とは

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、
黒色にだけ吸収される波長の光を照射することで、
毛根部の黒い色素(メラニン)に光が吸収され、
そこで熱エネルギーに変換されます。
その熱エネルギーが毛根周囲の組織を破壊します。

 

 

この組織は、毛乳頭や毛包幹細胞といい、
毛を発生させる元となっているものです。

レーザー脱毛のメリット、デメリット

メリット

従来の脱毛より痛みが少ない 

針(ニードル)脱毛に比べ、痛みがかなり軽減されています。
痛すぎて脱毛を断念せざるをえなかった人でも
“この痛みなら耐えられる”という人が増えています。

 

 

料金も比較的安価

一度に広範囲を脱毛できるため、
施術時間は短く、料金も安価です。

 

 

肌へのダメージはほとんどない

脱毛時のレーザーがメラニン色素にのみ反応するため、
施術後の火傷や、色素沈着の危険性がほとんどありません。

 

 

ある程度の場所なら脱毛できる

敏感肌やアトピー、アレルギー体質の人でも
ほとんどの場合、施術をうけることができます。
カミソリ負けなどで肌が若干荒れていても問題ありません。
※ですが、個人差があるので詳しいことは
エステティシャンに確認してください。

 

 

ワキガの症状が軽くなる

これは、レーザーが毛根と一緒にワキの臭いの原因である、
アポクリン汗腺にも作用するため、軽減する効果があります。
ワキガはこのアポクリン汗腺からの分泌物と細菌が
交ざることが原因で起こってしまいます。

 

 

デメリット

脱毛後、毛がまばらに残り見栄えが悪い

脱毛後、破壊された毛が毛穴に残ってしまう状態になります。
無理に抜くと毛穴を傷つけたり、炎症を起こす可能性がある。
ですから、まばらに毛が残ってしまう状態になってしまいます。

 

 

状態によっては脱毛できない場合がある

毛を抜いていたり、日焼けや色のついているところは脱毛できない。
これはレーザー脱毛の特徴の色に反応して脱毛するため、
そういった箇所では毛根部のメラニン色素に反応しないからです。

 

 

レーザー脱毛はその性質上、全部の毛を均等に
なくしたい人にはオススメの方法です。
ですが、部分的に残したいところがある場合は
針(ニードル)脱毛がオススメです。

 

 

※レーザー脱毛は基本的に医療機関が扱っているため、
エステサロンで扱っているところはほとんどありません。

 

 

>>次ページ「光脱毛」へ進む

 

メンズエステサロン 徹底比較ランキング TOPページへ戻る